利かずの駒ならべ

天皇賞(春)の日の午前中

しばらく会っていなかったA氏がフラッとやってきた。

何やら将棋で聞きたいことがあるようだ。

小生もさほど上手ではないよと言いながら、話を聞くと。。。


将棋の駒40枚を全部盤上に配置する。

但し、どの駒も利いていない位置に配置する、との事。

角と飛車は遠くまで利きがあるから、そこだね、と言うと

スラスラと並べるA氏。。。

ただ、、、歩が2枚余っちゃう。。。

これをもう数週間、考え続けてるらしい。

もう限界なので、ネットで調べてもらいたいとの事。

まあ待って、私も考えたいから、と言って二人で

あーでもない、こーでもない、もっと駒が余っちゃった。。。

なんて、1時間以上やって、ついにギブ!

ネットで検索しちゃいました。

考えたい人は↓は見ないように!

























画像



なんでも、これを含めて1860通りあるらしい。。。(@_@)


肝心の天皇賞はマスターU氏がカレンミロティックを押してたが

さすがに、高齢馬は・・・で買わずに惨敗(TT)

そのマスターは。。。ブラックをもってない  \(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

O氏は当たらなさすぎで、来週は休みだそうだ (^^;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック